居心地のよい家に住んでますか?

今日、わたしの好きな場所を考えました。

わたしの好きな場所は

ホテル

カフェ

だと思いました。

なぜそう思ったか。

その時過ごす時間に、不要なものによってのストレスを感じていないからです。

ホテルにいくときも、カフェにいくときも、そこに必要な物だけもっていきますよね。

家はどうだろう。

不要なものばかりに囲まれて、片付けることというストレスを抱えるから、家にいることをストレスに感じていると思いました。

これがひとりならまだしも、家族という人数が増えれば増えるほどにストレスは増えます。

なぜか。

自分が最も必要と思えない物がさらに増えて、家は物を片付ける場所となり、ストレスが増すからです。

だが、人のものはどうすることも出来ません。

自分のもの。

想い出の品々くらいは、日ごろは触らない押入れの奥などの場所においておけばいい。

でも、わたしがストレスと思っている、自分のものはなんだろう。

例えば、洗面所。

いつか旅行に行くときに使おうと置いている試供品。

好みでないもらった香水や口紅、化粧ブラシ、効果を感じない化粧品や高価だったから使うのをもったいなく思っておいたままになっている美容液。

台所。

やる気満々で買った大量のダイエット茶。

他のものばかり飲むから。減る様子がまったくありません。

リビング。

やる日なんてとこなそうなゲーム機。

分別が嫌になって放置している書類。

家事室兼勉強部屋

読む時間を持つことなんて不可能な本や、昔の参考書。

こんなものたち、おそらくゴミです。

誰かにあげる日がくるかも。

フリーマーケットやオークション、買い取り業者に出そう。

でも、面倒くさいですよね。

その間もずっと、カフェのような、ホテルのような居心地のいい場所の滞在という夢はかないません。

いまはネット普及によって、手放しても必要になったら再度手に入れられるもの、たくさんあります。

それこそ、面倒くさいフリマやオークションサイトに、手間の割があわない価格で出品してくれてます。

手放した時より性能のいいものを手に入れるのもいいですよね!

まずは自分のもの、家族のものでも明らかに忘れてそうで捨ててよさそうなもの。

お別れすることにしました。

わたしがカフェやホテルのような暮らしを手に入れるまでの経過です。