片付けるという行動より前にすることは、自分の心の整理でした。

わたしは44歳女。

家族構成 夫と2人暮らしです。

 

よく、部屋はその人を現すと言いますよね。

 

それは、まったくその通りだ。と実感しています。

 

職場での業務の押し付けと落とし合い、嫌なことを言われっぱなしな人間関係や、理解しあえない家族関係にも疲れてばかり。

だから、休日や帰宅後に片付ける気力なんて沸かない。

そんなわたしの自由時間くらい、何もかもから解放されるべきだし。

 

と、思っていました。

 

わたしの場合、無職になって2年が経とうとしています。

ほとんど毎日、使えるお金もないので、家で過ごしてました。

 

そんなわたし、仕事してなくて自由になったおかげで

わたしの家、すごくきれいになって、とっても快適なんですよ!!!

 

実際は・・・?

掃除いつしたっけ?

埃も袋あけたときにでた小さなビニールかすや使ったティッシュペーパーに要らないのにポストにはいってるチラシ。

床にたくさんあるけど気にすらなっていないな。

白い靴下はいたらお菓子のカスみたいなのたくさん着くし、すぐに真っ黒になるから困るよな。

 

あれ。わたし、こんなことすら能力ない。

仕事では出来る女だと思っていたのに。

 

無職になって、

自由に使えるお金がないから外にも出ていかなくなった。

お金がかかるから、人とも出会わなくなった。

夫からは女に見れないと言わるようになった。

夫からは家にいても何もしないんだから働くべきじゃないかと苦言を聞かせれるようになった。

一日中、わたしは何かが出来る人だ。と呪文を唱えてるけど、スマホのSNSかネット検索して一日が終わる。

毎日ネット検索している内容は、自分のレッテルと夫婦関係についてのことばかり。したいことしてるようで楽しかったり役にたっている実感がない。

 

テレビすら見ないから、有益な情報すら入ってこない。

そもそも、ネット情報でもテレビでも集中できなくて、脳に理解して蓄積された情報に至っていない。

 

2年も経つと、働いていた市場でも、価値すらなくなっていると思われる。

そもそもの市場価値すら高くないし。

 

低学歴。特別なスキルなし。

44歳にもなっているのにひとつのプロジェクトやり終えられるような実力なんてない。

アピールできること。

いつも笑顔で前向きです!

それすら失いつつあり、そもそも20代のOLじゃないんだから、即戦力になれない人材なんていらないであろう。

 

さて、2年間の成果は

まったく魅力のないマイナス思考なわがまま女の完成!!!

 

そもそも、夫なんてありがたい人と子供や介護する両親などがいないから、こんな甘えていられたんです。

 

ん?ん?ん?

 

ずっと、ずっと、甘えていると自分を責めてきてました。

 

ん?ひょっとして、それはそれでいいのではないのだろうか。

二度とないようなありがたい環境で2年間過ごさせていただきました。

 

これはこれで、人生を考えさせてもらえる幸せな期間という、ありがたい運をもらえた期間だったと思えばいいんですよね。

 

そして、2年かけて情緒不安定という状況から脱することが出来るときが来たのかもしれない。

 

わたし、最近本を読み出しました。

すこし前までみたいに中途半場に、上の空で少し読んだら違う妄想に浸っているような状態ではなく、

ちゃんと理解して、集中して読めるようになってきました。

 

テレビのニュースを聞いてるそぶりで、SNSのメッセージが気になることも少なくなりました。

 

いま、したいことやするべきことに集中できるようになってきました。

 

心が穏やかになって、ひとつのことに集中できる精神状態になること、片付けることにとっても必要なことだと思います。

 

理由は、

途中で自分の興味が変わって投げ出すことになるから。

精神状態がばらばらだと作業計画や方法の統一もすることが出来なくなりがちになるから。

 

これが、大きな理由だと思います。

 

ひとによっては、並行して片付けることで心が整理できる人もいると思います。

でも、片付けるという難解な作業の前に、心の整理期間も必要だと思います。

 

だから、片付けるということ、いますぐ出来なくても大丈夫だと思います。